太陽光発電で暮らしが変わる 太陽光発電で電気代が抑えられる

マンション導入の注意点

メリットもいろいろあるマンションへの太陽光発電システムの導入ですが、マンションへの導入だからこそ気をつけなくてはならない点もいくつかあります。
そうした注意点も踏まえて、太陽光発電システムの導入を検討してみてください。
導入に注意が必要となるのは、主に分譲マンションの場合です。
賃貸物件の場合は、オーナーが決断すればそれでOKです。
どれくらいの費用でどのようなシステムを導入し、そして作られた電力をどのように使って、入居者へはどのようにアピールしていくのか。
すべてオーナーの一存で決めることができます。
これは一戸建ての一般の家庭の場合と大きな違いはなく、特別な問題点はないといえるでしょう。
次に、分譲マンションの場合でも、最初から「太陽光発電システム導入マンション」としてプランを作り、マンション建設がされるようなケースについてです。
この場合、太陽光発電システムを搭載するだけの費用がマンションの費用に上乗せされることになります。
太陽光発電システムは今人気の装備ですし、マンションの購入費が高くなったとしても、それに見合うだけのメリットがあるものだと感じます。
が、マンションの低価格化も進んでいるご時世なので、周囲のマンションと比べての価格調査や、消費者のニーズについての調査は必須となるでしょう。
最後に、一番問題点が多いと思われるのが、既存マンションです。
すでに建設されているマンションは、数も多いのですが、その大多数はまだ太陽光発電の導入はされていません。
システムが高額なこともあり、住民の同意を取り付けることが難しい点が問題点として挙げられます。
売電で元を取っていけるというのもメリットのひとつですが、費用回収できるまでの期間が長いこともネックとなってしまいます。
マンション内でも、個別にオプションで太陽光発電システムを導入できるようになればいいのですが、その場合でも、パネルはどこに設置するのか、などの問題が発生します。
屋根などの共用部分に設置し、「利用する人」と「しない人」に分かれるような場合には、「駐車場代」のように「屋根使用料」を支払うような形になってしまうかもしれません。
こうした問題もあり、既存マンションへのシステム導入はまだまだ進んでいないのが実情です。
ですが、何度もいうようにメリットも大きいシステムなので、こうした問題点をクリアできるならば、検討してみるのも良いのではないでしょうか。


太陽光発電で暮らしが変わる is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme