太陽光発電で暮らしが変わる 太陽光発電で電気代が抑えられる

補助金について

マンションへの太陽光発電システムの導入を真剣に考え始めた時に、気になるのがその費用についてです。
一般家庭の一戸建ての場合には、国や地方自治体から補助金が出ることも多いですよね。
では、マンションへの導入の場合はどうなのでしょうか。
簡潔に答えを述べると、マンションやアパートへ太陽光発電システムを導入した場合にも、補助金はもらえます。
国からの補助金の対象となるのはもちろん、自治体の中には独自の補助金を交付しているところもあります。
分譲マンションで、共用部分へと太陽光発電システムを導入する場合、そのマンションの共同管理組合の名義でも補助金申請が可能となっています。
また、ソーラーパネルを各家庭の割り振っているような場合には、もちろんそれぞれの個人での補助金申請も可能となっています。
自分たちの形態に合わせた申請が可能となっているので、わかりやすいですね。
賃貸住宅の場合でも、補助金がもらえることに変わりはありません。
分譲の場合と同じく、共用部分に設置する場合はオーナー名義で補助金を申請すればOKです。
それぞれの部屋に割り振って使用する場合には、それぞれに設置し、補助金を申請することが可能となっています。
補助金申請書を提出するときに、入居者が決まっている必要はありません。
オーナー自身で電力受給契約を行い、補助金を申請しましょう。
入居者がすでにいて、電力受給契約を結んでいる場合には、オーナーと入居者の関係を確認するため、部屋の「賃貸借契約書の写し」を提出し、補助金を申し込むことになります。
初期費用が高額になりがちな太陽光発電システムですが、補助金が出ることで多少はその負担も軽減されます。
消費者の環境意識が高くなっていることもあり、また、オール電化マンションが好まれるというニーズもあり、今後太陽光発電システムを導入したマンションは増加していくと考えられています。
そのほかのメリットについてもしっかりと検討して、導入するかどうかを決断したいですね。


太陽光発電で暮らしが変わる is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme