太陽光発電で暮らしが変わる 太陽光発電で電気代が抑えられる

新たに設置するマンションやアパートが増えています。

太陽光発電システムの設置場所は一般住宅というのがほとんどでしたが、政府の補助金政策の拡充によりマンションやアパートに設置しても採算が取れるようになったので、太陽光発電システムを新たに設置するマンションやアパートが増えています。
大阪で建築予定の新規分譲マンションに太陽光発電システムの設置が予定されていたり、アパートやマンションの屋上に太陽光発電システムを設置するケースは今後も増えていくでしょう。
大阪のマンションやアパートにすでに設置された太陽光発電システムが発電した電気の活用方法は、マンション内のエントランス、ロビーフロアの照明や各階の廊下の照明、上下水道ポンプの稼動、エレベーターを動かす電気、セキュリティーシステムを稼動させる電気等々の共有部分の電気に使用して、各戸が負担する共益費の負担軽減を目的としています。
一般住宅に設置する太陽光発電システムが発電した電気は、売電により利益を出す事に主眼が置かれる事が多いですが、マンションやアパートでは違った活用方法もあるのです。

太陽光発電で暮らしが変わる is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme