太陽光発電で暮らしが変わる 太陽光発電で電気代が抑えられる

ただのバラまきではない、東大阪市における太陽光発電について

損得勘定を抜きにして、すべての国民が環境について考えるべき世の中になってきていますよね。
だって、私たち人間が地球を作り出し、そこで生活しているわけではありませんからね。
私たちは生かされているのであり、どれだけお金や権力を持っていても、自然から施しを受ける、水や食べ物がなければ生きてゆくことも出来ませんからね。
そう考えると、日本という国が太陽光発電に対して、補助金を出して、普及させようという姿勢に評価できますね。
積極的にエコであるエネルギーの作り方をすれば、必ず環境にとってプラスになるはずです。
ただ、色々な自治体を見ていると、積極的に考えているところと、そうじゃないところがあることが分かります。
例えば、よそもやっているし、名目上、環境に対して配慮しているという姿勢を見せようみたいな考え方の場合、予算を決めて、その上限を超えるまで、受け付けて、補助金を出して終わりという感じです。
それは、住民に対して形だけ姿勢を見せているように見えます。
nullさらに、環境よりも、景気対策として考えているとしたら、それはいわゆるバラまき政策という印象を受けてしまいますよね。
しかし、東大阪市における太陽光発電に対する補助金に対してはそのような印象を受けることは、まったくありません。
なぜなら、補助をした後に月々の発生電力量、売電電力量および買電電力量の実績報告書の提出や、)環境家計簿への参加、市の地球温暖化防止に関する取り組みへの参加などを呼びかけています。
各自治体のサイトを見ても、補助した後に住民に対して、これだけの協力を求めているところは、あまり見かけませんからね。
具体的な数字によって、補助金の事業がどれだけの効果を発揮するのかや、自然環境がどれほどのエネルギーを作り出すのか、環境への影響はいかほどなのかを、しっかりとデータとして受け取ると同時に、行政がお金を支払うという姿勢ではなく、一緒にやっていきましょうという姿勢を垣間見ることが出来ますよね。

太陽光発電で暮らしが変わる is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme