太陽光発電で暮らしが変わる 太陽光発電で電気代が抑えられる

東大阪市で大人気だった補助金制度

ほとんどの都道府県では、太陽光発電の設置の際に、補助金がでるものです。
しかし、大阪府では、太陽光発電システムの設置の際、補助金がでません。
nullこれは、全国的に見ても、とても珍しいことです。
しかし、大阪府内の市町村においては、補助金制度を実施しているところもあります。
東大阪市も、太陽光発電システムの設置に際しては、補助金制度があります。
その名称は、「太陽光発電設備設置補助金」といいます。
しかし、さすがに、大阪府で太陽光発電に際して補助金を行っていないからか、東大阪市の「太陽光発電設備設置補助金」は大人気で、平成24年度分の申請はすでに終了してしまいました。
本来であれば、2012年の6月から2013年の3がつまで実施する予定だったのですが、半年くらいで終了の運びとなってしまいました。
これはなにも、予算が少なかったというわけではありません。
予算額は2500万円で、想定される募集件数は、250件程度ということでした。
これは結構な予算だと思われますので、それだけ人気だったということです。
では、どのようなものだったのでしょうか。
「太陽光発電設備設置補助金」は、太陽光発電システム1キロワット当たり、30000円でした。
上限は120000円ですので、4キロワット分までということになります。
「太陽光発電設備設置補助金」の申し込み条件というのは、どういったものだったのでしょうか。
まずは、市税の滞納がないことです。
これはどこの市区町村でも設定している条件です。
また、国の補助金を受けていること、ということもあります。
これは、国の補助金を受けているということは、それなりの審査を潜り抜けた、というお墨付きでもあります。
これによって、審査を簡便化しようという意図があります。
そして、市内の住居に太陽光発電パネルを設置すること、とあります。
この住居というのは、店舗兼住宅でもかまいません。
このあたりが、もしかすると人気の秘密かもしれません。

太陽光発電で暮らしが変わる is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme