太陽光発電で暮らしが変わる 太陽光発電で電気代が抑えられる

東大阪市で太陽光発電システムを選ぶ、活かす

家庭用の太陽光発電システムは当初と比べると導入費用が格安となり一般家庭でも導入に踏み切りやすくなりましたが、それでも1kwあたり5~60万円の高価格となっています。null
東大阪市で格安の太陽光発電システムを導入する為にしておきたいことの1つが、太陽光発電メーカーへの見積もり依頼です。
見積もりすることでシステム規模に応じた設置費用が分かるだけでなく、複数のメーカーの見積もりを受けることで適正費用を把握することにもつながります。
見積もりを依頼する太陽光発電メーカーは実績や知名度から3,4社に絞ることで、より効率よくスピーディーな情報収集が可能となります。
太陽光発電を導入することで様々なメリットが発生しますが、消費し切れなかった電力を売ることが出来る「売電」を目当てとしている世帯も多いのではないでしょうか?
太陽光発電システムを導入するだけでは売電することは出来ず、電力会社と系統連係という電力の需給契約を締結する必要があります。
ただ電気を売ることが出来るだけでなく、雨の日など十分な発電量を確保できなかった日は電力会社から電気を買うことも可能になります。
気になる売電価格についてですが、2011年度からは出力10kW未満の住宅用で1kWhあたり42円、非住宅用及び10kw以上は40円となっています。
2009年度の売電価格が1kWhあたり住宅用は48円、非住宅用は24円となっているのを考えると、一般家庭での売電価格は下降傾向にあると言えるでしょう。
売電を含む太陽光発電のメリットを最大限活かす為に重要なことは毎日の発電量を高く維持することですが、その為には日照時間や晴天日の多さ、気温といった天候条件が深く関わってきます。
天候条件は変えようがありませんが、日当たりを考慮してシステムを設置する、変換効率の高いパワーコンディショナーを設置するなど工夫次第で発電効率を上げることは可能です。
東大阪市で太陽光発電システムを設置する場合は、発電量の高い太陽電池パネルを選ぶ、オール電化にして売電単価を上げるといったコツを是非実践してみてください。

太陽光発電で暮らしが変わる is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme