太陽光発電で暮らしが変わる 太陽光発電で電気代が抑えられる

分譲マンションのメリット

現在、一般家庭への太陽光発電システムの導入がかなり進んできています。
屋根に太陽光モジュール電池を設置している一戸建てのお宅も、珍しい存在ではなくなっています。
環境にやさしい、毎月の電気代の負担を軽減できる、災害時でも電気の使用ができるなど、さまざまなメリットが注目され、導入する方が増えていると言えそうです。
さて、そんな太陽光発電システムですが、マンションやアパートへの導入もメリットが大きいことをご存じでしょうか。
もちろん、「環境にやさしい発電方法」ということや「災害時の電気の使用が可能」などのメリットはマンションにもそのままあてはまります。
さらに、マンションやアパートならではのメリットも多くあるので、検討してみるのも良いのではないでしょうか。
マンションの太陽光発電方式には、いろいろな形態があります。
まず一つ目は、マンション内の共用部分に太陽光発電システムを導入し、発電した電気で共用部分の電力をまかなったり、売電収入として、マンション管理費を下げるという方法になります。
マンション内では廊下や階段に電灯が設置されていますし、エレベーターにも電力を使用しています。
また、駐車場などにも防犯上ライトが設置されていることも多いです。
こうした電気代は管理費用として別途支払っているのですが、こうした費用を減らせるというメリットがあります。
もうひとつの方法は、マンションに入居しているそれぞれの世帯が個別に太陽光発電システムを設置するという方法です。
マンション内の共用部分や屋根に、太陽光パネルを大規模に配置し、それらを世帯ごとに割り当てるという方法になります。
こちらは、発電量や電気使用量、そして売電についても、それぞれの家庭ごとで管理することになります。
それぞれが高いエコ意識を持つことができるシステムだともいえるでしょう。
一般的にマンションには大規模な設備を設置できるスペースがあることも多いので、一戸建て住宅よりも効率の良い発電ができる場合も多いです。
もちろんその分初期投資費用は高くなってしまいますが、マンションにブランド力を持たせることも可能になるでしょう。
エコ意識の高いマンションとして、他社との差別化を図れそうです。


太陽光発電で暮らしが変わる is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme