太陽光発電で暮らしが変わる 太陽光発電で電気代が抑えられる

賃貸マンションに太陽光発電

太陽光発電システムを分譲マンションに導入するメリットについて、先ほど挙げました。
マンションには「人に貸す」という形態をとっていることもあります。
この場合、マンションの持ち主は家主、つまり、オーナーということになります。
今、こうした賃貸マンションや賃貸アパートへの太陽光発電システムの導入も進んでいます。
賃貸マンションや賃貸アパートへの太陽光発電システムの導入には様々なメリットがあるからです。
今賃貸物件の数もかなり増えている中で、入居率の高さを保っていくためには、「その物件ならではの強み」が必要とされています。
そういった強みのある物件に人気が集中する一方で、そうでない物件は空室率が高くなってしまっているという状況にあります。
こうした「強み」は例えば「新築」や「駅近」などが挙げられます。
が、立地の良さは後からどうにかなるものではありませんし、新築物件も「いつまでも新築」というわけにはいきません。
太陽光発電システムを賃貸物件に導入することは、この「強み」になります。
太陽光発電システムを導入し、入居者が支払っていく光熱費を軽減できるというメリットを掲げれば、期間限定ではない「強み」を手に入れることになるでしょう。
また、その分家賃設定を周辺平均よりも高めに設定することもできそうですね。
太陽光発電システムを導入することで、その電力を共用部分に使うこともできます。
こうした経営コストを減らすことにもつながります。
また余った電力を電力会社に売ることで、売電収入を得ることもできますし、税制上の優遇を受けることもできます。
環境にもよく、入居者にも喜ばれ、物件の入居率アップにもつながり、さらに節税対策としても有効となっています。
設置面積が広くなると、その分初期投資は高くなりがちですが、それ以上のメリットがある場合も多いようです。
そうした物件を持っていることで、「環境への貢献度の高い会社」として、イメージアップも図れそうですね。


太陽光発電で暮らしが変わる is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme